MCAS(MOS)の資格試験についてやさしく解説

MCAS(MOS)ってなぁに? 役立つ資格なの・・・?

MCAS(Microsoft Certified Application Specialist)は、MOS(Microsoft Office Specialist)の後継資格として注目され始めている資格です。Office 2007、Windows Vistaに関する操作能力・技術を認定する資格です。試験科目は、Word、Excel、PowerPointなどのアプリケーションソフトを操作する能力を問う科目、Windows Vistaの機能や知識を問う科目など、全部で6科目があります。

はじめてのMOS試験、合格に向けてのアドバイス!

勉強方法
スクール選びのポイント
資格スクールに通うなら「これは合格するための近道」だという認識を持ちましょう。合格するのは自分自身であります。 ・・・詳しくコチラ
独学でも勉強することは可能か?
「独学で取得が可能か?」を迷う人が多いです。「独学することは可能ですが、時間・自助努力がすごく必要となります」 ・・・詳しくコチラ
朝から勉強するのがベスト?
「朝型生活のほうが、試験に合格しやすい」という説があります。これは「試験が行われる時間帯は、朝や昼なので ・・・詳しくコチラ
試験前日・当日にやるべきチェックポイント
少なくとも「試験の前日の昼間には」全ての準備を済ませておきましょう。パソコンに向かって操作をし、解答する形式の試験 ・・・詳しくコチラ
試験直前での注意点!
「試験直前にやってはいけないこと」は、「焦りを増すこと」です。「お手洗いにいけなかったら、どうしよう?」という不安 ・・・詳しくコチラ

派遣でスキルアップして時給もアップ

私が派遣で働いた時のことです。 まず、派遣で働こうと思った時に、2-3社は登録しました。その時に、テストと面接を受けました。 希望職種や勤務地や時間帯があるので、数社登録することにメリットがあります。 幾ら素敵なイメージの派遣会社でも、自分の働きたい仕事を紹介してくれないと困ります。 しかし、自分の能力をもっとアップさせれば出来る仕事があるならば、派遣会社の研修を受けてみます。 そこではマナーやキーボード入力、エクセル・ワード・インターネットを学びます。 その研修結果が良かったので、私はパソコン入力の仕事に3ヶ月の短期で行くことが出来ました。 この派遣先では、かなりキータッチが速くなったので、次の職種はもっとパソコンスキルが高い仕事先へ派遣されました。 このように、派遣会社には、自分のスキルがそのまま登録されて、更新されるので、時給もそれに合わせてアップしました。この派遣会社の時給はかなり高額になりました。1時間2000円位のデータ入力の仕事が常にあって派遣されている状態でした。 自分のスキルアップにも、とても役立った派遣です。