MCAS(MOS)の資格試験についてやさしく解説

ビジネス本と上手に付き合う

"一時期、読む本のほとんどがビジネス本ということがありました。
当時はベンチャー企業で働いており、同僚たちも業務の効率化や生産性、成果の挙げ方なんかに重点を置いて働いていました。
しかし、ビジネス本ばかりの生活ではしばらくすると行き詰まり感を感じるようになってきます。
何冊か読むと内容が被っていたり、ノウハウを取り入れるには状況が違いすぎたり。
そして何よりも「こうすれば仕事が上手くいく」というテクニックだけでは、本当に良い仕事はできないと気付いたのです。
良い仕事ができていると感じる時、それは成果が出ているだけでなく、周囲との関係も良好で、さらに、何より自分自身が楽しめていることが重要だと思うようになりました。
自分はビジネス本を読むこと自体はそれほど楽しいと思うタイプではありません。
お笑い番組を見たり、小説を読んだり、音楽を聴いたり…。
そういう時間を仕事の合間に持つことでストレスを解消でき、また、豊かな気持ちで仕事に励むことができるとわかりました。
それ以降は、読む本のバランスを考えるようにしています。"