MCAS(MOS)の資格試験についてやさしく解説

「無知の知」の沼

"何事も知識を深めれば深めるほど深遠な知の世界に迷い込むものである。かつて哲学者が無知の知という言葉を残したように古の時から、現代社会全体においても日々知識は編纂され続けている。
個人の学問についても、深遠な知の世界が待ち構えている。何かを知ると、また何か知らないことを知ってしまう。何かを知ることが脳に快楽を与えるのと対照的に、知らないということは脳に不快感を植え付ける。
しかし道は明白である。無知の知の沼に足を踏み入れることが不快だとしても、沼に進まぬものよりも知を得ているのだ。無知の知を克服することの意義を知ることが、知を得ることの第一歩となる。やがて不快だった無知の知の沼の感触は、大いなる快感となる。学問に王道なし、とはよく言ったものだ。"