MCAS(MOS)の資格試験についてやさしく解説

資格を取るときは目的を持って

"就職に少しでも有利になるようにするには資格を取るのはいいことです。雇用する会社にとっては、採用する判断材料の1つとなり、どの程度知識や技術があるのかいい目安になります。
私は、転職と自分自身のスキルアップのために仕事をしながらいくつか資格を取りました。

その中で1番役に立ったと思う資格は第二種電気工事士です。
当時は、転職を考えていて、電気関係の仕事に就きたいと希望していた為、仕事の休みの日にコツコツと勉強しました。
独学でしたが勉強内容はそれほど難しくなく、スムーズに知識や技術が身に付き、割と資格は取りやすいほうでした。
希望としていた転職先の面接では、この資格により話を広めることができたのでとても役に立ったと思っています。

あまり役に立たなかった資格というと、乙種第4類危険物取扱者免許です。
通称、乙4と呼ばれていますが、危険物を保有する場合に必要な資格の為、その仕事場に危険物がなければ全くといっていいほど役に立ちません。

資格を取る為には、それなりの時間とお金が必要となります。なぜこの資格が必要なのか、とよく考えてから挑戦するのが良いでしょう。"