MCAS(MOS)の資格試験についてやさしく解説

ITパスポート

MCASと関連の深い試験として「ITパスポート試験」があります。ITパスポートは国家資格です。ITパスポート試験は、平成21年に情報処理技術者試験の大幅な改革が行われた際に、レベル1の試験として創設されたものです。それまで、情報処理技術者意見は「開発する側」「利用する側」の区分を明確にし、試験が行われてきました。そのことにもメリットはあったのですが、時代の流れとしては「お互いが、相手の立場を理解しながら、よりよい技術・製品を開発する」ということが必要となってきました。

ITパスポート試験は「職業人が共通に備えるべき情報技術の基礎知識を測るための試験」とされています。試験内容は「情報技術の知識を活用し付加価値を生み出す視点」、「ネットワーク社会において安全に活動するための基礎知識」、「企業のコンプライアンス向上に資するための基礎知識」などとなっています。

MCASの勉強をすることで、多くの企業で使われているマイクロソフト社製品を使用する技術は身につくでしょう。しかしながら、企業活動・社会全体の活動を支えるIT技術はマイクロソフト社製品だけではありませんし、マイクロコンピュータからスーパーコンピュータまで、大きさも形もさまざまなものがあります。そのようなIT技術の基礎を、ITパスポート試験の勉強をすることで、身につけることができます。MCASとITパスポート、両方保有する人も多いものですよ。