MCAS(MOS)の資格試験についてやさしく解説

MOS

MCASはMOSの後継資格とされています。MOS(Microsoft Office Specialist)はMOSはOffice2002、2003などに対応した試験です。企業などで使われているコンピュータは、Office2002、2003を使用しているケースも多いため、MCASとMOSの「どちらが優れた資格である」ということではなく「現在、自分が触れることの多いOSはどれか」を考え、それにあった試験を受けることが必要です。

ただ、MCASのほうが難易度が上がっているという意見や、今後企業で使われるシステムは、どうしてもOffice2007に移行していくということ、さらに学生の方たちは、大学でOffice 2007、Windows Vistaに接してこられた、という方も多いはずです。そのため、時間のある学生時代にMCASの試験勉強をしておくという方法も、考えられます。

MOSには、試験にレベルわけ(エキスパート、スペシャリストなど)がありました。また、科目もWord、Excel、PowerPointなどのアプリケーションソフトについて、広く勉強しなければなりませんでした。MCASでは、科目も一つずつ取得できるようになり、レベルわけがなくなったので「実践的になった」という評価の声があります。

MCASとMOSには、試験対策はそれぞれに異なるものが必要ですが、共通点がたくさんあります。両方とも挑戦される方も多いものです。ただ、IT関連の資格は、たくさんありますので、自分の勉強したい・アピールしたい内容は何かを考え、自分なりのゴールを定めて学習を進めると良いでしょう。

たくさんの学生が派遣会社に登録している3社があります。