MCAS(MOS)の資格試験についてやさしく解説

本当に就職・転職に有利?

MCASは「これから就職活動をする人(高校生・大学生など)が、ITスキルをアピールするには有利」です。無いよりも有ったほうがいいのは、多くの資格について言えることです。ただし、どのような資格でも言えることですが「その業界内では、資格取得者が大勢いる」という覚悟は必要となります。たとえば「不動産業界には宅建保有者が多くいる」「金融・保険業界には、ファイナンシャルプランナーの資格保有者が多数いる」のは当然ですので、資格が有るだけでずば抜けて有利とまではいえません。

一般事務職や秘書などの業務に就きたい人は、MCASを保有していると他の人より有利かもしれません。実際に仕事に就いてから、パソコンスキルを習得している時間は、ほとんどありません。パソコンの決まった機能しか使わないことにもなります。そのため、事前に学習・資格取得をしていると、採用担当者の目に留まる確率は高くなります。また、実務についてから重宝されることも多いでしょう。

IT業界には、資格をたくさんもっているシステムエンジニアがたくさんいますので、MCASを取得しているだけでは、極端に有利とはいえないのです。ただ、システム開発をするとしても「エンドユーザ(パソコンを使う人)が何を欲しているかを読み取る能力」がないと、何を開発していいのかわからなくなります。そのため、システムエンジニアもエンドユーザとして、何らかの勉強をしている必要はあります。その一つとして、MCASの勉強をし、資格を取得したという実績があれば、採用担当者に興味を持ってもらえるかもしれませんね。