MCAS(MOS)の資格試験についてやさしく解説

試験直前にやってはいけないこと

「試験直前にやってはいけないこと」は、「焦りを増すこと」です。「お手洗いにいけなかったら、どうしよう?」という不安から、水分を取るのを控える人がいますが、人間は、緊張すれば喉が渇きます。お手洗いのことは、試験を一度でも受けた経験がある人は「たいしたことではない」と知っています。そのため、普段どおりに水分を取ることを心がければ良いでしょう。

また、MCAS試験はパソコンを守り、正常な動作をさせなければならないため、冷暖房完備の部屋で行われることが多いものです。そのため、服装にも注意しましょう。女性の方が肌の露出度の高い服装で受験をされるのを、たまに見かけますが、身体への負担は大きいです。試験には、1時間、2時間といった長い時間がかかるので、上着を用意するなど、注意が必要です。

コンタクトレンズを使用している方は、部屋が感想している場合に備えて、めがねや目薬も持参しておくと良いでしょう。また女性のアイメイクは控えめにしましょう。化粧は後からでも直せますが、試験の結果は後から、どうすることもできないのですよ。

MCAS試験は、比較的新しい試験ですので、周りの人に何かを相談しようとしても、「周りもどうしたらいいか、わからない」ということが多いです。「明日が試験だ」となったら、不安が高まりイライラするのはわかりますが、どうか「大人の態度」を心がけてください。「私はこんなに大変なんだから、わかってよ!!」という態度を取る人がいます。そういう人は「学生気分が抜けていない」と見られ、社会的には敬遠されていくようになります。