MCAS(MOS)の資格試験についてやさしく解説

個人情報保護士・企業情報管理士

「個人情報保護士」とは「財団法人全日本情報学習振興協会」が設定したカリキュラムに基づき、「個人情報保護法に従った個人情報の概念や保護対策の体系的な理解」及び「企業実務において個人情報の管理・運用を行うことのできる知識や能力」に関しての能力を試験されるものです。「個人情報保護士認定試験」に合格すれば「個人情報保護士」の称号が与えられます。

また「企業情報管理士」は同じ団体が主催する試験ですが、個人情報以外の企業情報(経営方針、社員の情報の管理、特許に関することなど)が漏洩しないように、様々な対策(物理的、ITの面、人材教育といったこと)を実施できる人を育てるための試験です。

また、国家資格である「情報セキュリティスペシャリスト」もあります。これはIT技術に関することを重点的に問われる試験です。

個人情報、企業情報のいずれも「人間がうっかり漏らしてしまう」ことが多いのです。「しゃべってしまう」だけではなく、書類の置き忘れ、パソコンの置き忘れ・盗難、メモリ類の紛失・盗難なども人的なミスです。コンピュータを駆使してのハッキングや、物理的な侵入・盗難などに備えることももちろん大事ですが、一人ひとりの「個人情報の保護」に関する意識を、高めなければなりません。パソコンのスキルも大事ですが、それに加えて「私には情報を守る意志があります」というアピールをするためには、個人情報保護士・企業情報管理士を取得していると、大きなメリットとなるでしょう。