MCAS(MOS)の資格試験についてやさしく解説

Excel(エクセル)について その1

ここでは、Excel(エクセル)についてご紹介していきましょう。

まず、Excelというのは、いわゆる「表計算」のソフトです。
「表計算ってなに?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
簡単にいえば、表を作って自動的に計算を行ってくれるという機能です。

Excelには、この表計算機能だけでなく、あと主に4つの大きな機能を兼ね備えているんです。

表計算に続く2つ目の機能は、「グラフ機能」です。
この「グラフ機能」は、作った表を見やすく自動的にグラフにしていくという機能です。
これにより、データをより視覚的に分析しやすくなりますよね!

3つ目の機能は、「データベース機能」です。
データベースと言うのは、例えば社員名簿、年賀状の住所録のように何らかの関連するデータを
集めたものです。
このデータの集合体の中から必要なデータだけを取り出したり(抽出)、
例えば住所を50音順に並べ替えたり…自分の必要に応じたデータを自動的に出すことができます。
これにより手作業ではかなり時間のかかる作業も自動的に、本当に一瞬でできてしまうのです。