MCAS(MOS)の資格試験についてやさしく解説

Excel(エクセル)について その2

前項で、Excelの主な機能を3つご紹介しましたが、
ここでは残り二つの大きな機能についてご紹介していきましょう。

4つ目の大きな機能は「マクロ機能」です。
マクロと聞くと、「難しそう」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はその逆なんです。

例えば、毎日、一つのデータを入れるとき、
赤字にして

合計を出して

累計を出す

次の日入力するセルに移動しておく。

上記のような決まった1連の作業があったとしましょう。
毎日決まり切った同じ作業…めんどうですよね^^;

しかし、この一連の操作を「マクロ」として記憶しておくんですね。
そして、次の日又一つのデータを入力後このマクロの記録を呼び出すんです。
呼び出し方は、ショートカットキーに割り当てたり、ワンタッチのマクロボタンを作っておいたりですが、これを実行することにより一瞬にしてこの面倒な一連の作業を行うことのできる、便利な機能なんです^^


そして、最後に5つめの大きな機能は「ピボットテーブル機能」です。
「ピボット」、というのはいわゆる「旋回(せんかい)」という意味です。
一つの表を必要な項目だけで見たり、多角的に表を分析したり、必要に応じて一つの表をいろいろな角度から分析できる機能です。

今回は主な機能を5つご紹介しましたが、細かく言えばもっと沢山の機能があるんです。
このように、Excelと一言に言っても、実に様々な機能を兼ね備えているソフトであることがおわかり頂けたのではないでしょうか?