MCAS(MOS)の資格試験についてやさしく解説

読めるのに話せない中国語

"学生時代に、興味本位で中国語を習っていました。
日本人なので漢字はすぐに読めるだろうと思い、
良い成績が取れると思ったのも理由です。

しかし、いざ中国語を習ってみると、発音の難しさに驚愕しました。
一つの音にも複数のトーンがあり、日本語にはない発音もたくさんありました。
文法も日本語とは違い、どちらかというと英語のような文法。
漢字のおかげでなんとなく意味はわかるものが多いものの
話せるようになるにはかなりの勉強が必要だと思いました。

同時に、日本語はひらがなを交えて文章を書きますが、
中国は当然のことながらすべて漢字。
覚えなければならない漢字の数が尋常じゃない!

中国人は優秀なはずだ、と改めて思いました。"

中国語を話せる人は有利

"今の日本の企業の中の多くは中国語を話せる人材を探しているということです。これはこの先中国との関係を重視している企業や中国人観光客などが多く日本を訪れることが予想されているからだと言われています。
確かに日本語や英語と並んで中国語が話せると有利だと思いますし、取引などで中国の会社を相手にするときは中国語を話せる人がいると大変便利だと思います。習得には結構な時間を要しそうですが、マスターすると大きな武器になるのが中国語だと思います。"