MCAS(MOS)の資格試験についてやさしく解説

英語の勉強

"高校のとき、塾を通い英語の勉強をしました。
私はあんまり語学には得意ではなかったので、英語に力を入れた覚えがあります。
先生もかなり実力者で、いつも勉強しなければいけない印刷物が山ほど。
覚えるのに必死でしたが、付いていくのも精一杯でした。

ですが、そのときに覚えた英語の単語や文法はいまだに自分を支えてくれます。
特に日本の高校生の英語の実力は一番高いといわれるほど、かなり難しいです。
なので、その時の塾での勉強はレベルが高く、実際の英語の会話で使われるものより、TOEFLのほうに近かったと思います。

そのおかげで大学校で英語を専攻し、社会にでて海外営業をしました。
海外営業をするには英語が必須で、高校時代の塾での英語の勉強と担当の先生の影響が大きかったと思います。
学校は教科書を本に皆との平均を内容を勉強しますが、塾になると深化過程になります。
なので内容も難しく、私よりはるかに高いレベルになりますね。
その分、自分も勉強ができたし、覚えられたと思います。
"