MCAS(MOS)の資格試験についてやさしく解説

他のパソコン資格との違い

資格とは「誰が認定する資格か」によって、大きく3種類にわけられます。国が認定するのは「国家資格」、所轄官庁が認定する「公的資格」、一般の企業が認定する「民間資格」です。MCASは民間資格の一つです。ただ「国家資格取得者のほうが、民間資格取得者より優れている」とは限りませんし、民間資格のほうが、時代の流れを迅速に反映して、実践的な内容を問うている場合も多々有ります。MCASも、ソフトのバージョンアップに合わせて、試験制度が新設されるなど、自社のソフトウェアを使う人に、より深い知識を習得してもらうための制度が、充実しています。

IT関連・パソコン関連の資格は、数が膨大なものです。そして「その人に合う資格」というのは、その人のIT環境・企業の環境などによって異なります。そのため「自分のゴールはどこか」を定めておかないと、パニックになります。「資格取得をする」という目標に追われて、何をやっているのかわからなくなる、という事態が起こりえるのです。資格を取得することで「何をアピールしたいのか?」を考えておきましょう。

たとえば、企業の一般事務を行う人には、MCASやMOSはとても向いています。一方で、テクニカル系の各種試験を受けるのは、自分のスキルアップのためにはなりますが、企業での仕事にすぐに役立つとは、いえないでしょう。IT関連の資格を取得したいなら、まずは「資格取得をすることで、何をアピールしたいのか?」「それは自分のスキルアップのためかに取得するのか? 仕事に役立てたいのか?」などを考える必要があるのです。