MCAS(MOS)の資格試験についてやさしく解説

スクール選びのポイント

MCAS取得のために、資格スクールに通うなら「これは合格するための近道」だという認識を持ちましょう。合格するのは自分自身であり、資格スクールは道を作ってはくれます。しかし、道を歩くのを自分がやめてしまえば、合格には近づけません。

より近い道を手に入れるためには「自分に合うスクール」を選びましょう。同じ資格、同じスクール内にも「現在のスキルがどのレベルの人を対象とした講座か」を確認しないと、レベル違いの講座に入って苦労することになりかねません。MCAS受験者は「実務経験者が足元をすくわれることが多い」という感想を持つようです。実務の経験と、試験のための勉強は別物と割り切って、資格スクールでは「自分に合う講座」を選ぶと良いでしょう。MCASは「仕事では触れなかった機能に、試験勉強のために触れて、世界が広がった」という意見を持つ人も、本当に多いです。基礎から、キチンと段階を踏んで学ぶことが、とても大事という場合もあるのです。とはいえば、簡単すぎるコースに入学する必要も、もちろんありません。

MCASは、はっきり言って「長期間だらだら勉強するものではない」と言えます。短期合格を目指して、集中的にスキルを身につけるほうが、実力も向上します。資格スクールに通うことのできる時間はどのくらいか、業務の端境期に集中的に通うことのできる講座はないか、などを考えて、効率よく学ぶと良いでしょう。そして、試験の直前に最もモチベーションと能力が上がるようなスケジュールを考えると良いでしょう。