MCAS(MOS)の資格試験についてやさしく解説

勉強を続けるコツ

MCASに合格するまでの学習時間は20時間~50時間といわれます。1日に30分~1時間、パソコンに向かえるとしても、最短で1ヶ月程度、長ければ半年程度は勉強を続けることになります。そうなると大事なのは「モチベーションの維持」「不安になってもパニックにならない精神力」です。

まず「モチベーションの維持」に大事なことは「合格したらどんな良いことがあるか?」を具体的に思い描くことです。職場で周囲の人の助けになりたい。給料を上げてもらいたい。就職・転職の際に履歴書に書きたいなど、どんなことでも良いので「合格したら起こること」を具体的に想像しましょう。切羽詰っている人(職務命令の一種でどうしても資格取得が必要、就職するまでに資格取得が必要など)ほど、学習意欲が上がるのは「資格の必要性」がはっきりしているからです。とはいえ「取得できなかったらどうしよう」という不安感は、学習の効率を下げてしまいますので、注意が必要です。

MCASを受験する人は「こういう方法で、本当に合格ができるだろうか?」という思いを、常に抱えることになります。学習ソフトによっては、何らかのエラーが頻発するという場合もあり、当然ですが不安が募ります。また、ずっと学習していたテキスト・CDと、他のテキスト・CDを見比べてみると、ずいぶん書き方が異なっている、ということが、不安になる人もいます。そのような場合には「不安だーっ・・・」と身動きが取れなく・取らなくなるのではなく、疑問点を解消したら「これで大丈夫」と自信を持つ、ということを心がけていきましょう。