MCAS(MOS)の資格試験についてやさしく解説

朝型生活のほうが試験に有利?

MCASだけではなく、他の試験でも言われることですが「朝型生活のほうが、試験に合格しやすい」という説があります。これは「試験が行われる時間帯は、朝や昼なので、その時間に脳が働きやすい環境の有る人が、合格を勝ち取りやすい」という考えでもあります。

ただし、現実問題として「企業で深夜まで働いている」という人が、急に朝方の生活をするのは、無理です。強引に試験時間に合わせた生活をすれば、体調を崩します。試験勉強を続けるこつは「無理をしないこと」ですので、「何が何でも朝型に変えよう」とするのではなく、自分の頭が働きやすい時間に勉強をする、ということが大事です。

最近、様々な資格スクールで「夜に通学することが無理な人のために、早朝のクラスを開講する」という動きがあります。これは「夜には残業・接待・人付き合いなどの時間が必要で、スクールの受講を確実にできない人も、早朝ならば時間を確保しやすいから」という理由で開講されており、なるほど一理あると思える理由でもありますね。ただし、本業に支障が出るようならば、このような時間に受講することは、考え直す必要があります。MCASは「取得することがゴール」ではなく「今後にどう活かしていくかが大事」なのであり、そのためには「本業はきちんとする」ことが大事なのです。

以上のことから、MCAS受験のためには「朝型生活をするのは、有効な選択肢ではある」「しかしながら、朝型生活が自分に合わないならば、強引に変えるのではなく、自分の調子の良い生活をすることが大事」という結論になります。