MCAS(MOS)の資格試験についてやさしく解説

旅程管理者主任の取得

"ワーキングホリデービザを使って海外で働いてみたかったので、旅程管理者主任をとりました。
独学で勉強するのもありだったのですが、ちょうどある大手の旅行会社がツアコンを募集しており、
そこで資格のサポートもしながら働けるというので、そこでアルバイトすることにしました。
主に日帰りのバスツアーで勤務して、ツアコンのバイトはその会社に半年以上勤務していたので、研修を受けさせてもらえるようになりました。
研修は2泊3日で、全て会社が持ってくれました。
座学をひたすらつめこみで学んで、最後に認定試験を受けました。
無事合格したのですが、試験自体は座学で習ったことばかりだったので、特に難しくも無かったです。
ただ、ツアコンの資格を撮ったからと行ってその後給料が上がることは一切ありませんでした。
また、ツアコンも、海外では出来なかったので、結局その旅行会社で働いている間の資格でした。
このシックを持っているのでツアコンには転職しやすいです。

ただむちゃくちゃな激務と超過労働、早朝からの勤務と時間外の報告書や精算といった仕事が多く、疲れが取れない仕事だったのでもうしないと思います。"